ロバ日記

非日常を味わう

画像

今日はこちらのコラムから。

非日常を味わう幸せ
旅を楽しむための要素として、「非日常」を感じることが挙げられると思います。知らない土地に行き、おいしい物を食べることももちろん「非日常」ですが、忙しく毎日を過ごす空間から離れ、習慣となっていることをしないだけでも、新鮮な気持ちになるのではないでしょうか。
「和みの風」では、旅の中での「非日常」を感じて頂きたいという思いからテレビを置いていません。当たり前のように映っているテレビが視界に入らないだけでも、普段と違う世界を感じられるはずです。中には寂しさを訴える方もいらっしゃいますが、「息子とゆっくり遊ぶことが出来た」「夫婦で会話を楽しむ事が出来た」「無でいられた」などといった感想を頂きます。
また、ホールや部屋には時計がありません。「時間が止まっているようだった」というお言葉は私達にとって、とてもありがたい感想だと考えています。忙しい毎日の中で、いつもと違った「時間」というプレゼントはとても喜んで頂けるようです。この様に、テレビや時計がないだけでも、普段と違う時間の使い方・感じ方が出来るのです。
ふと窓の外に目を移すと、のんびり草を食むロバがいます。このロバ、本当に穏やかです。なでることも、間近でえさをあげることも出来ます。特にお子様にはとても喜んで頂ける「非日常」の1つなのです。いつもと違う何かにふれることが、気持ちの変化をもたらしてくれます。
情報が洪水のようにあふれ、何が大切なのかが分かりにくいこの時代。あえて情報を遮断するのも手軽に味わえる「非日常」ではないでしょうか。旅行しないまでも、テレビを消してみたり、時間を気にせず何かに集中したりすることだけでも違うはずです。習慣となっていることを、ちょっと置いておく。そこには意識が必要ですが、そんな努力で生まれるものからも、小さな幸せを見つけられるかもしれないと考えています。

学生時代、
「テレビを消すことから始めよう」
と、見たい番組だけを見ることにしました。
それ以来、時間を有効に使いやすくなったような気がします。
私は、テレビがついているとすぐに見入ってしまうからですね。
気にせず物事に集中できるかぁちゃんは、
テレビはBGMがわりです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お客様の声
要介護の親と旅に出たいと思ったら

宿からのお知らせ

2018.6.8

〜共栄橋通行止めのご連絡〜 鹿追・上士幌方面へ行かれる方はご注意を

平成30年5月16日より、近所の共栄橋が通行止めとなりました。 橋脚(土台)が傾いたため道路がくぼんでしまっています。 写真で見ると一…

おすすめ記事

以前の記事

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る