自宅で死ぬということ

画像

80代のある方が先日亡くなりました。
最期まで自宅で過ごし、
点滴1本することなく、
息を引き取りました。
自宅でなくなることが非常に難しくなったこの現在において、
とても尊厳のある最期を迎えられたと思っています。
それは、
その方が今まで過ごして来た人生そのものと
言っていいのかもしれません。
まわりを支えるご家族も、
ご本人の気持ちを十分に考えてのことだったと思います。
その方は、
ぎりぎりまで自分でごはんを食べ、
水を飲みました。
きっと、「点滴くらいすべきでは」と考える方も多いと思います。
その考えはとても自然なこと。
誰だって長生きしてほしいと考えるのですから。
でも、そうはしませんでした。
歩くことが難しくなっても、
好きな小説を読む事が出来、
たまには冗談を言って笑わせていたりするのです。
「とにかく苦しみを味あわせたくない」と願うご家族は、
自然な成り行きを見守りました。
そして、旅立たれました。
私は、ホスピスにいましたので、
何十人もの死を直面したことがあります。
しかし、これほどきれいな最期を見たことがありません。
食べられなくなったから点滴、
飲み込めなくなったから胃瘻、
と条件反射のように進んでしまう医療に対して、
「命の大切さ」を違った意味で示してくれたような気がします。
滅多に考えることはないとは思いますが、
誰でも必ず訪れます。
真剣に考える時があってもいいのではないかと、
最近とても強く思うのです。
ご冥福をお祈り致します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る